妊娠・出産・育児の記録

妊婦が電車で席を譲られる確率は12.3%らしいです。【続・マタニティマークつけるのかつけないのか問題。】

AYAKO
WRITER
 
マタニティマーク 漫☆画太郎
この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

こんなマタニティマークならつけたいシリーズ第2弾。

漫☆画太郎先生バージョン。
マタニティマーク 漫☆画太郎

ちなみに第1弾はこれね↓
マタニティマーク

はい、余談はさておきまして。

前回の話の続きです。マタニティマークをつけるのかつけないのか問題ですよ。

マタニティマーク

前回の話でも書きましたが、自分が妊婦になってあらためて気がついたんですよね。

たとえマタニティマークをつけていようが、腹が出っ張っていようが、電車のなかで席を譲られることは稀だと。

Sponsored Link

妊婦が電車のなかで席を譲られる割合は12.3%というはなし。

妊娠5ヶ月目を過ぎ、だんだん外から見ても妊婦だとわかるようになってきたところで、観念してマタニティマークをつけて優先席の前に行くようにしてました。

優先席じゃない場所の前に立って、座ってる人に「譲ってもらいたければ優先席いけよ」って思われるのも嫌だな〜と思ったので。笑。考えすぎですよね。

しかし、こうして妊婦になってマタニティマークつけて優先席の方に行くようになって初めて気がついたんです。

妊婦だろうがマタニティマークだろうが、そしてそこが優先席だろうが、席を譲られることはほとんどない。

という事実。

妊婦じゃなかったころは、あえて電車の優先席の方に行くこともなかったので気がつかなかったんですけど。

見た感じは健康体と思われるサラリーマンや若者も、電車内が割と混んでいたとしても優先席に堂々と座ってグースカ寝てたりスマホから決して目を離さずうつむいてたりするもんで。

こんな記事を発見しました。

【日本どうした】『妊婦の電車事情』をリサーチした結果 / 最初から座れる確率「29%」席を譲ってもらえる確率「12.3%」など/ロケットニュース24

ざっくり記事の内容を説明すると、ライターの方が妊娠7ヶ月以上の妊婦さん4人に協力してもらい、11日間、合計100回電車に乗ってもらったそう。

そこで席を譲られた回数の割合を調べたところ、わずか12.3%だったそうな。

うん。わかる。

私も今までに3回ほど電車のなかで席を譲って頂いたことがあるんだけど、電車に乗って立っていた回数と比較して割合をざっくり計算したらそのくらいかもしれない。いや、もっと少ないかな笑。

マタニティマークをつけたまま電車のなかで立っていると、目の前の席に座っている数人の空気がピタッと変わるのがわかったりする。

絶対目を合わさない。スマホから目を外さない。

時間が立ってくると、みんな霊にでも取り憑かれたんかい、ってくらいに、一斉に眠りに落ちたりする。笑

優先席はあくまで「優先」なんだから強制じゃないとか。

マタニティマークは印籠じゃないとか。

譲ってほしけりゃハッキリ言えばいいとか。

そういう意見もあるでしょう。

そういう詭弁を言う人には「てめえ、腹に2キロの重り毎日くっつけて電車通勤してみろや」って言いたくなるのが正直なとこですが。

私も別に

「なんで私は妊婦なのにみんな席譲ってくれないの!?」

とは思いませんよ。

もし本気で体調悪いときがあったら、さすがに自分で「譲ってください」って言いますし。

でも、優先席で眠りこけたりワザとシカトして座り続けるのはさすがにやめろや。とは思うけどね。

見た目じゃわからない病気を抱えている人もいるとかさ、実は体調悪いのかもしれないとかさ、そういう意見もあるし、その場合は仕方ないと思うけど。実際に見た目じゃわからない病気や障害抱えている方は、今はだいたいヘルプマークつけてるしね。

ヘルプマーク

妊婦になって初めて気づいた事実のおはなしでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Be The Moon・つきになる , 2018 All Rights Reserved.