妊娠・出産・育児の記録

ツレうつ作者による妊娠・出産体験記「びっくり出産・なんとか出産」感想【高齢出産&帝王切開】

AYAKO
WRITER
 
高齢出産 漫画
この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

夫のうつ病と向き合ったエッセイ本「ツレがうつになりまして。」で有名な細川 貂々さんの妊娠&育児エッセイ漫画、「びっくり妊娠 なんとか出産」をよみました。

結婚13年目の38歳で出産した作者の妊娠発覚から帝王切開による出産までの様子が漫画でわかりやすく描かれてます。

軽いタッチのコミックエッセイ。サックサク読めます。

Sponsored Link

「びっくり出産・なんとか出産」感想

びっくり妊娠 なんとか出産」。

正直な感想を書くと、

妊娠や出産において特に参考になる話もためになる話も新しい発見も取り立ててない内容です。

妊娠生活や出産における誰もが経験するあれこれが淡々と描かれているというか。

たとえば「つわり」とかね。
つわり 本

私はつわりが軽かったので、「つわりで何もできなくて寝たきりです。あれもこれも気持ち悪くて吐き気がします」みたいな点にも特に共感ができませんでしたが…(汗)

帝王切開での出産シーンは、多少参考になるかもしれません。
帝王切開 出産

作者の代表作、「ツレがうつになりまして。」の場合は、旦那さんがうつ病を発症するという誰もが経験するわけじゃないことだったから、起きたこと、感じたことをそのまま漫画にしても興味深いストーリーになったのかも。

妊娠・出産は約7〜8割くらいの女性は一生の内に経験するらしいので(生涯未出産率は正式データが発表されてないらしい)、まったく珍しい体験ではないですもんね…。

高齢出産あるある話とか、フリーランスで仕事をしている女性の妊娠・出産あるある話とか。

そういった点にフォーカスして描いてくれてたら、もうちょっと参考になる内容になったんじゃないかと思います…。

この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Be The Moon・つきになる , 2018 All Rights Reserved.