妊娠・出産・育児の記録

Be The Moon・つきになる

【実証・性別判定】巷の性別判断の都市伝説は本当に当たるのか検証してみた

AYAKO
WRITER
 
性別判断 男女
この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

先日、「【性別判定的中!】私が赤ちゃんの性別を当てた方法、ご紹介します。」という記事を書きました。

私の場合は見事に自分の直感を周りの予想(予言)がピタリ当たり男の子だったのですが…。

昔からおなかの中の赤ちゃんの性別を当てるための都市伝説的なもの、ありますよね。

お腹がとんがってたら男の子、とか。ママの顔がやさしくなったら女の子、とかね。

今回はそんな巷の赤ちゃんの性別判断都市伝説を、じっくり自分の例に当てはめて検証してみたいと思います!

Sponsored Link

赤ちゃんの性別判断、こんな都市伝説があるよ。

お腹が前に突き出して尖ってたら男の子、横に広がってたら女の子

これは昔から有名な言い伝え。おなかがとんがってたら男の子、横に広がってたら女の子、というもの。

ちなみに、私のおなかは尖ってます!

周りの人からも「あ、とがってるね!男の子?」なんて言われるほどに。

ただし、「おなか尖ってたけど、女の子が生まれた」っていう人もいますので、まぁこれも当たり前のことながら的中率100%の言い伝えではないのでしょう…。

塩辛いものが食べたくなったら男の子、甘いものが食べたくなったら女の子

妊娠中はマックのポテトが食べたくなってしかたなかった。

っていうママ、多いんですよね。

先日、「妻が妊娠中に毎日マックにポテトを買いにパシらされてた」なんて旦那さんにも会いましたが(汗)

わたしも、常に食べたかったわけじゃないけど、

「あぁマックのポテト食べたいなぁ」

って、無性に思ったタイミングがあって。

あの謎の中毒性は何なのでしょうか…笑。

そして私が話を聞いた「マックのポテトが食べたくなった」ママはみな、子どもの性別は男の子!(私も含め)

これはちょっと信憑性がある説なのか…?

妊娠中につわりが軽いのは男の子。つわりが重いのは女の子。

私はつわりがほとんどありませんでした。

食の嗜好は変わったけど、気持ち悪くなって吐いたり寝込んだりってことはなかったし。

毎日普通に通勤してましたしね。

でも、きっとつわりが重くても男の子産んだ人いれば、つわりが軽くても女の子産んだ人いるんだろうなぁ。。。

胎動が激しいと男の子。おとなしいのは女の子。

うちの子は超音波検査の度に「よく動いてますね〜」と言われるほど、おなかの中で動き回ってます。

妊娠後期の最近ではおなかがグニュグニュ変形するほどに動いている。

時に逆子になったりするから危なっかしいのですが。(頼むから頭を下にして安定してくれ)

やっぱり男の子の方が活発なのかな?

でも、これまた「胎動激しかったけど女の子だった!」なんて声もありますけどね。

実証の結果、巷の性別判断は個人的には100%当たってました!

昔から言われているおなかのなかの子どもの性別判断、個人的な経験を照らし合わせると100%的中してました…。

意外と都市伝説的なものでも当たっているのかもしれませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Be The Moon・つきになる , 2018 All Rights Reserved.