妊娠・出産・育児の記録

バースプランって、何を書いたらいいんですか?混乱の極みに陥った私の体験【妊娠&出産記録】

AYAKO
WRITER
 
妊娠 出産 バースプラン
この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

臨月に入るころ、助産師さんに聞かれました。

「バースプランはもう書きましたか?」

え?バースプラン??

私、そんなタスク課せられてましたっけ?てか、それ何??

と、動揺を顔に出さないように平静を保ちつつ。

「いえ、まだ書いてないんですけど...」

と、あたかも書くつもりはあったんだけどまだ事情により書いてないだけ風を装って答える。

話を聞くと、どうやら一番最初に1000円で購入させられた「マタニティノート」というファイルのなかに件のバースプラン記入用紙がある雰囲気...。

Sponsored Link

バースプランって、何を書いたら良いのでしょうか?

帰宅後に落ち着いてバースプラン記入用紙を探してみましたよ。

あった。
バースプラン
デカ文字&※印つきで堂々と書いてありますね。「34週以降の健診でお持ちください」と!!!

え?でもバースプランの用紙が見つかったのはいいとして、何書くの??いや、それをためらわずに助産師さんに聞けばよかったんだろうけど、そもそもこのバースプランなるものが未知の領域すぎて質問もしづらい。

そうそう。ここで今後出産を控えられている初産婦さんに参考のためにお伝えしておきますと、

病院で健診を受けながら出産をするにあたっては、もう自分の中の事務処理能力をフルに試されます。

ありとあらゆる書類を事前に渡されるし、それらの書類はそれぞれ提出期限や提出場所が違うこともあり、(小さな産院はそんなことないかもしれないけど)

仕事モードに頭を切り替えないと管理しきれない。(私だけですかね...)

はい、話をバースプランに戻しますけど。

助産師さんの口ぶりから、もしやバースプランってのは現代の出産においては常識レベルの代物なんじゃなかろうかと予測し。

バースプランとは何ぞやと、Google先生に聞いてみました。
バースプラン

もう、普通にゴロゴロ出てきますね!バースプラン書き方情報が。

生まれてすぐに抱っこしたいとか

胎盤が見たいとか

分娩時の対応のリクエストについてとか、書くらしい。

まじか。バースプランてのは、こういうものだったとは。

これが常識レベルの代物なんだから、世の中の妊婦さんたちはもっとマジメに妊娠&出産における情報収集並びに情報交換を積極的に行っているのかもしれない。

よーし。私もやる気を出してそのうちバースプランを書くぞー。

…って思ってから2週間は経過しただろうか。

まだ書いてません。(汗)

もう書く前に生まれちゃったらどうしよう。

でも、先日焦りを感じる出来事がありました。

臨月に入ると、病院で毎回ノンストレステスト(NST検査)というものを受けるんですけど。

おなかに機械くっつけて、数10分間ジーッと何もせず、赤ちゃんの状態やおなかの張りを計測するためのテスト。

そのNST検査を受けている最中に、隣の仕切りから助産師さんと別の妊婦さんの会話が聞こえてきました。

バースプランの内容について、です。

出産時にはこのアロマを使いたいとか、出産のときに流したい音楽があるとか。

あとは生まれた直後に持参したお洋服を着せてあげたいとか。

そんな内容でした。

もう、目からウロコがボロボロ落ちまくり。

そういうことを書くんですね!そういう出産における夢と希望と期待に満ちたリクエストや計画を書くんですね!!バースプランってやつは!

と、隣の会話を盗み聞き(わざとじゃないけど)しながら感心してしまった。

このキラキラした希望に満ちた妊婦さんこそ、まさに現代風にプレママと呼ばれるにふさわしい人材。

自分も見習おう。

しかし、いざ自分がどうしたいか考えると、どうも何も思いつかず。

出産の時に流したい音楽というのも特に思い浮かばないし。

ガーヤトリーマントラ (ヒンドゥー教における最高峰のお経的なもの)のCDでも持参しようかな...。

この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Be The Moon・つきになる , 2018 All Rights Reserved.