妊娠・出産・育児の記録

慣れない授乳に奮闘!授乳にまつわるエトセトラ

AYAKO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

出産後、さっそくはじまる授乳。

特に産後数日の間に分泌される初乳は、豊富な栄養と赤ちゃんを守る免疫成分がたっぷり含まれてるということで。

出産直後のボロボロの体を引きずりながら、ママたちは必死で我が子に乳をあげるのだ。

特に私は点滴と心拍モニターにつながれ腕と胸から管が伸びてるサイバーパンク状態でしたので。

その状態でなんとか服をずり下げて子どもを抱えて慣れない授乳をするという。

もう苦行度MAXでございました。

Sponsored Link

授乳は赤ちゃんとママの共同作業。

やってみて初めてわかる、授乳って予想外に難しいのである。

外界にでてきたばかりの赤ちゃんは目がほとんど見えていないし、自身に備わった動物的本能(原始反射)だけでママのおっぱいを探り当て、食らいつき、母乳を吸う。

ぐにゃりと柔らかく小さな新生児を抱え、ああでもない、こうでもないと微妙に体勢をズラしながらママは必死で授乳するのだ。

ママと赤ちゃん、お互いに慣れない授乳に奮闘する。特にはじめてのお産の場合は、最初のうちは母乳だって十分に出ない。

産後3週間くらいは、おっぱいを吸ってもらうジャストフィットな体勢を整えることだけで時間がかかったりして。授乳する体勢も常に試行錯誤。

わたしの場合は、産後1ヶ月過ぎた頃からようやくストレスなくサッとベストな授乳体勢を整えてスムーズに吸ってもらえるようになった気がする。

面白いことに、おなかが減ると怪獣モード全開で泣き出すのに、私がサッと抱き上げた瞬間、即座にピタッと泣き止み、期待感に満ちたルンルンな表情に変わるのです。

こいつは俺に乳をくれるやつだ!と、匂いで察知しているのか。あるいは他の何かを感じ取って判別しているのか。赤ちゃんって不思議だ。

先日の1ヶ月健診では、わが子テンちゃんは退院時からプラス1400グラム!ガリガリで小さかった体もすっかり肉がつき赤ちゃんらしくなりました。

睡眠時間と体力、気力を極限まで削った努力の結果が数字に表れたようでジーン。感動です。

この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Be The Moon・つきになる , 2018 All Rights Reserved.