妊娠後期の妊婦が映画を観るときに絶対押さえとくべきポイントとは。

現在妊娠9ヶ月目。

先日、映画館に「ジュラシックワールド・炎の王国」を観に行ってきました。

そうそう、私が普段利用している映画館、ユナイテッド・シネマは「抱っこdeシネマ」という子連れ鑑賞OKなプログラムを提供しているので、子どもが生まれたら利用しようかなと思ってます。

抱っこでシネマ

今回観た映画、「ジュラシックワールド・炎の王国」。もう清々しいほどに何のヒネりも加えてません。これまでのジュラシック系シリーズと同じ恐竜ドタバタアクション映画です。

恐竜ドーン。人間ぎゃー。食われた!やばい!殺される!

みたいなシーンがノンストップで続きます。

おなかの子どもも音に反応してか?いつにも増して映画鑑賞中はボッコボコ動いていたような…。

妊娠後期に映画鑑賞する際にここだけは気をつけるべきポイント

これまでも妊娠中に何度か映画は観に行ってたのですが、この妊娠後期に入って映画を観に行って、とても困ったことが起きました。

それは、

映画観ている最中にどうしようもなく、トイレに行きたくなることです!!

妊娠後期に入ると、膀胱が圧迫されて超頻尿状態になります。寝ている間だって何度も起きてトイレに行くくらい。涙

映画が始まる前にトイレは済ませていたんですけどね。

もう始まって1時間くらいしたら、どうしようもなく尿意が襲ってくる。

しかし、ど真ん中の席に座っているため、ここでトイレに行くには

「すみませ〜ん」

って言いながら横に座っている人々の前を通らなければならない。

とりあえず腹の下を締め付けていた「ピジョン 長く使える産前産後マタニティベルト」を暗闇のなかでゴソゴソ取り外し。

少しでも膀胱の圧迫をゆるめ。

映画終了まで我慢しました。

頻尿でお困りの妊娠後期の皆様。映画を観る際は、一番端のトイレに行きやすい席に座ることを全力でオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA