子育て漫画と育児お役立ち情報!

那須塩原の魔境。ピラミッド元氣温泉のカオスすぎるパワーで子どもの風呂嫌いが治った話。

AYAKO
WRITER
 
ピラミッド元気温泉
この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

先日、生後11ヶ月の子どもと旦那と3人で、思いつき週末旅行に行ってきた。

場所は那須塩原。

旦那がいつものごとく、「おれ土日休みだから、どっか行きたい。」と、突如土曜日の午前11時に駄々をこね出したので、(もう昼やん。)

私がさくっと新幹線でいける場所として提案したんだけど。

現地に行くのは簡単だが、問題は泊まる場所である。

夏休みに当日予約で空いてる宿なんぞ、そうそうないわけですよ。

これだからインド育ちのチベット人はさ。無計画すぎるんだよな。前もって予定たてとけば宿だってゆっくり調べて確保できるしこんな慌てて情報調べなくてもいいんだけどな。

いつもの不満を心の中にそっと閉じ込めたあとで、楽天トラベルで宿を検索したところ、予算内で空いている場所はたった1軒だけだった。

それが今回ご紹介するカオスすぎる魔境温泉、ピラミッド元氣温泉である。

ちなみに、ピラミッド元氣温泉のホームページはコチラ

一言で言うなら、カオスだった

しかし一方で、日本にもまだこんな魔境が残されていたのかと、安心もした。

もはや何から伝えればいいのかわからないまま時は流れそうな小田和正状態なんだけど。

ありのまま起こったことだけを順にお伝えしていきたいと思う。

Sponsored Link

巨大なスフィンクスがお出迎え

ピラミッド元気温泉は那須塩原駅、もしくは西那須野駅から那須塩原温泉街へ向かう途中。車でおよそ30分ほどの場所にある。

新幹線を降りたあと、最寄りの千本松牧場前のバス停まで迎えにきてほしいと電話で依頼。

午後6時13分なら迎えにいけます。

と、謎の中途半端な時刻を指定されたのだが、とりあえずその時間でお願いしつつ、3時間ほどバス停近くの千本松牧場というぬるすぎる牧場で暇をつぶした。

午後6時13分。

現れたのは1台の古い軽自動車に乗ったご年配の男性。

車の中はゴミ(に見えるスーパーの袋にはいった何か)が無造作に落ちてたりして、なんか田舎のじっちゃんの家に遊びに来た気分になってくる。

巨大な那須野が原公園というジャングルのなかに突如現れたのがこれ。

ピラミッド元気温泉

スフィンクスとピラミッド!!!!!

北関東の森の奥にまったくそぐわない風景なのだが。

到着した瞬間

「ピラミッドはねー、宇宙からの気を集めるんですよ」

と、さらっとスピリチュアルなネタを飛ばしてきたじっちゃん。

車を降りて気がついたが、じっちゃんは天然石の数珠ネックレスみたいなものを首からさげていた。

た・・・ただの栃木のじっちゃんじゃない。

ただものではないオーラを感じる。

ホテルの玄関には、重量500キロの巨大なアメジストが鎮座していた。

アメジスト

そういえば、わが息子にとっては初めてのお泊り旅行である。

記念すべき初旅行がこんなカオスすぎるスピリチュアル魔境スポットですまん。息子よ。

お化けが出そうな古い旅館。

ピラミッド元気温泉は、玄関をはじめ、ところどころにエジプト感やスピリチュアル感がむんむん漂ってはいるものの、基本スペックは普通の古い旅館である。

泊まった部屋がこれ。
ピラミッド元気温泉
襖のシミがなんとも言えない哀愁。

ギシギシと音がなりそうな廊下を渡りトイレにはいれば、和式便所が2つに洋式便所が1つ。

試しに洋式の方に座ろうとしたら、

トイレの便座が外れた。

….。

また、従業員らしき人は電話に出たオバちゃんと迎えに来たじっちゃんしかいない。

ホームページに立派な食事処やレストランが載ってたので、「到着してから夕飯食べよー」なんて思ってたんだけど。

レストラン、やってなかった。

まぁそりゃそうか。従業員2人だけなんだからさ。

しかも、徒歩圏内に店とか飲食店とか何もないらしい。

旅行に来てまで何この苦行・・・。

子どもの離乳食や飲み物は持ってきていたので心配ないけど。

しかたないので大人2人はフロントで販売されているチップスターとマリービスケットを買って飢えをしのぐことに。

昔は宴会場や食事処だったのではないか、と思われる部屋は電気が消えてもう使われていない様子。

他にも何組かお客さんがいたからまだいいけど、誰も宿泊客いなかったらちょっと何か出そうなムードで1人で出歩けないかも汗

いや、絶対階段のところになにかいた気がする。

天然石と奇怪なオブジェだらけの館内

ピラミッド元気温泉の館内は、いたるところに謎のオブジェやら天然石やらが置かれている。

謎の木のオブジェとか。
ピラミッド元気温泉

ガラスケースのなかには天然石のブレスレットやら水晶の原石が並ぶ。

ピラミッド元気温泉

ピラミッド元気温泉

ちなみに、ここに来ている宿泊客や温泉に入りに来たお客さんたちは、草野球チームの団体風とか、地元の人っぽいファミリーとか、どう見てもスピリチュアル的なことにはまったく興味がなさそうな人々ばかり。

熱心に天然石やら謎のオブジェやらパワーみなぎるカードのはいったショーケースを眺めているのは私だけだ。

ロビーからお風呂に続く廊下は、ちょっとしたギャラリー風になっている。
ピラミッド元気温泉

 

鳥を食う魚のかたちに自然となっちゃった奇跡の木。らしい。

ピラミッド元気温泉

 

水晶の肌をもつ鍾乳石。その隣に横たわるツタンカーメン風のオブジェ。
ピラミッド元気温泉

そんでもってなぜか阿修羅像。
ピラミッド元気温泉

豚バラ肉・・・。(に見える石。)
ピラミッド元気温泉

カオスなコレクションが収められているギャラリーの廊下を進めば進むほどに、ずぶずぶと魔界に足を踏み入れていくような感覚を覚える。

廊下の突き当たり。大浴場手前のスペースには巨大なエジプト風壁画とレリーフ。
ピラミッド元気温泉

その間になぜか大理石の中華風な彫像・・・・

片隅には、わたしが小学生の頃に見かけたような古いゲーム機が並ぶ。
ピラミッド元気温泉

ふと壁際の棚に目をやれば。
ピラミッド元気温泉
なぜかベルサイユの薔薇・・・(オスカル!)

ペラペラの紙に印刷されラミネートがほどこされたこのパワーカード。
ピラミッド元気温泉
800円を高いと思うか安いと思うかはあなた次第!

 

氣柱が鎮座するスピリチュアル温泉

浴室にたどり着くまでの所要時間はほんの数分程度のものなのに、なんか1年くらい経ったんじゃないかレベルの経験だった。

肝心の風呂であるが、これはなかなか良かった!(写真はさすがに撮れなかったけど)

広い浴槽。肌触りがなめらかなお湯。匂いはなく、クセのない温泉。

ピラミッド元気温泉

電灯の灯らない暗闇露天風呂などもあるが、そこは怖いので入らなかった。

男湯と女湯を隔てる壁に、ドーンと柱があり、「氣柱」の張り紙が。

どうやらこの柱の上に何か宇宙エネルギーを集めるものがあるらしく、そのエネルギーに満ちた柱らしい。

気柱のおかげかピラミッドパワーのおかげか何かわからんが、普段は風呂に入れるとギャン泣きする息子が、

泣かなかった!!!

生後4ヶ月くらいからお風呂にお湯をためるのめんどくさくてシャワーだけで済ませてたら、いつのまにかお風呂怖がるようになっちゃってさ。

このピラミッド温泉に入ってから、家のお風呂も平気になってきたみたい・・・

さらに、うちの旦那がこの温泉に入ってからやたらハイテンションになってしまって。

普段はすぐ「タクシー乗ろうぜ」とか言い出す超怠け者のくせに、

バスとか使わなくていいじゃん!歩けばいいじゃん!と、やたら歩くことにこだわり。

翌日は塩原温泉街を朝から夕方までひたすらトボトボ歩きつづける羽目に・・・・

もしかしたら、本当にピラミッドパワーがみなぎる温泉だったのかもしれない。

館長の謎が解明された瞬間。

こんな謎すぎるピラミッド元気温泉なのだが。

旅館のいたるところに、雑誌や地域新聞で紹介された記事が貼られていたので気づいた。

どうやら、バス停まで迎えに来てくれたじっちゃんが館長さんらしい。

那須塩原 温泉

伊藤雄次郎さん。栃木県大田原市出身。

東京の大学進学後、電子工学の分野で能力を発揮。科学技術庁長官賞や紺綬褒章、黄綬褒章を受賞し、栃木県内に電子関係の工場を複数経営してたらしい。

なんかすごい経歴やないかい。

で、この電子関係の工場を台湾、中国、韓国にも進出させてきたとか。

道理で、なんか中華な香りのする高級そうなオブジェや石がたんまりあるわけだ。

60歳ですっぱり全ての仕事から手を引いた伊藤さんは、科学者・発明家としての道から一転、今度は物質文明の弊害とも言えるストレスやノイローゼなどに悩み苦しむ人々を救うべく、精神的な癒しスポットとしてこの「ピラミッド元気温泉」を建てたのだそうな。

深い。もうこれはテレビでドキュメンタリードラマ化したくなる。いやもう朝ドラのモデルにしてもいいんじゃないかレベルの深い話だ。

昭和6年生まれの記載に度肝抜かれる。

今年88歳だぞ。

旅館を切り盛りしているその様子から70代前半くらいかと思ったが。

やはりこれもピラミッドパワーの恩恵なのか!?

最後に。

那須塩原温泉のおすすめってどこですか?

と聞いたら、

おすすめはないね〜〜〜

と答えてくれたゆるすぎる館長さん。会いたくなった方はぜひ那須塩原の千本松牧場近く、ピラミッド元気温泉に行ってみてね☆

子どもの風呂嫌いと夫のなまけ癖も治る最強の温泉ですよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
AYAKO
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Be The Moon・つきになる , 2019 All Rights Reserved.