【大惨事】人生ではじめて「裏ごし」なるワザをおこなってる件。【手づくり離乳食】

離乳食 アレンジ

赤ちゃんのためのアーユルヴェーダその2。冷凍離乳食のオージャス問題について考える。」の記事でも書いたのですが。

今のところ冷凍しない離乳食を手づくりしている。

[kanren url=”https://bethemoon.info/2019/02/21/ojas-ayurveda-baby-food/”]

おかゆは小さい圧力鍋で。

米を10倍の水に30分以上浸水(10倍がゆの場合)、強火にかけてブシャーっと圧がかかったら弱火にして10〜15分。火を止めて圧が抜けるまでしばらく放置。簡単時短。

100均で買った小さいすり鉢ですりつぶして、そのままあげてます。

離乳食 アレンジ

しかし、厄介だったのはホウレンソウである。

離乳食 アレンジ

茹でたホウレンソウの葉先を、細かく刻み、裏ごし。粉ふるいの網をつかって、ひたすらスプーンの背でつぶす。

普段は時短かつ効率のよい料理しか作らないわたし。

齢三十数年にして、人生で初めて「裏ごし」なるワザを使ったのだ。

こーれがもう。大変で。毎日イチから“裏ごしホウレンソウ”をつくるのは無理だわ。

必死で網目からでてきた裏ごしホウレンソウをかき集める。これはまだいい。

しかし、そのあとの片付けが大惨事

使用した調理用具を洗っていると、キッチンのシンクが青汁の粉ぶちまけたかのような惨状に...

最近は毎朝カボチャをゆでて裏ごししてるが、これはホウレンソウより簡単!

裏ごしカボチャにお湯で溶かした粉ミルク混ぜてポタージュ状に。

離乳食 アレンジ

どんなに少量を調理しようと思っても、あまってしまう裏ごしカボチャ。

カボチャペースト&クリームチーズのサンドイッチにしたり。

離乳食 アレンジ

フライパンでつくる「ちぎりパン」の中にいれたりして。
ちぎりパン

かぼちゃペースト、いろいろ活用できるのでこれはよい。

そんなこんなで、毎日子どもといっしょに消化のよさそうなメニューを食べてる母なのでした。

生後5ヶ月、離乳食はじめました。乳以外のものを初めて食べる赤ちゃんの反応

離乳食

生後5ヶ月。ついに離乳食がはじまった。

市が開催している離乳食教室にもうっかり参加しなかったボンクラ母のわたくし...。

とりあえずこの本「はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)」買ってみたけど。

この本めっっっちゃくちゃ使える!離乳食の教科書といっても過言ではない。

そのうちこの「はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)」ブックレビューもくわしく書いてみようと思います。

はじめての食事!はたしてちゃんと食べられるのか!?

赤ちゃんの離乳食、最初の日は「10倍がゆ(水10:コメ1の割合で炊いた粥)」をひとさじ与えることからはじめる。

「最初はうまく食べられずにウェッと吐き出してしまうこともよくあります。この段階は栄養を取る目的ではなく、ミルクや母乳以外のものに慣れる練習なので、赤ちゃんが食べなくても焦る必要はありません。」

なーんてことが、よく母子手帳なんかの離乳食の解説に書かれてるので、「えー。うまく食べてくれなかったらどうしよー」、とちょっとドキドキ。

はたして我が子テンちゃんは、初のおかゆを飲み込むことができるだろうか。

おかゆを乗せたスプーンを、口元にもっていく。

すると、あーん、と口をあけるではないか!!(かわいい)

なんだかツバメのママがヒナに餌付けしてるような気分。

離乳食

恐る恐る、スプーンを口のなかに差し込むと、

「ん?なんだこれは?」

なんて言いたげな表情でニコニコしている。

初日は、口のなかに入れたお粥がぜんぶ飲み込まれずにダラっと出てきてしまったけど。

4日目の今日、ちゃんとゴックンと飲み込めた!

おそらく、私のスプーンさばきが慣れてきたこともあるかもしれない。

離乳食

ちなみに。

ここ数日、毎日おかゆを半合ほど炊いて、子どもに2さじくらいあげたら、残りは全部自分が主食として食べてます。水分多めの10倍がゆなのでまるで病人食です。健康になれるかも。笑