苫米地式・おなかの子をバイリンガルに育てるための秘訣とは!?【胎教】

バイリンガル 苫米地 胎教

先日、TOKYO MXテレビのバラいろダンディという番組で、認知科学者の苫米地英人(とまべちひでと)さんが胎教について語ってました。

苫米地さん自体は、何やってるんだかよくわからないけど、やたらと世の中の裏事情に詳しい謎のオッサンとしか認識してなかったのですが...(汗)

番組内で語ってた胎教の内容に関しては「なるほど!」と思える部分があったのでここでシェアしたいと思います!

苫米地英人さんが推奨するバイリンガルの育て方

自分が苦労した分、子どもには小さい頃から英語に触れさせてバイリンガルに育てたい!!

という気もちが強くあります。

おなかにいる赤ちゃんはすでに6ヶ月頃には聴力が発達し外の音が聞こえているとのことで。

英語の音楽や映画の音声を聴かせたり、たまに英語で話しかけたりしてるのですが。

これは正しいバイリンガルを育てる胎教の方法のひとつのようです。

苫米地さんによると、英語に限らずいろんな国の言葉を聴かせて様々な種類の“音”を聴かせることで、赤ちゃんの音を識別する聴力が発達し多言語習得する能力が伸びるのだとか。

たしかに。

日本語だけだとLとRの区別がつかないとか、聞き分けられる音の数が限られますもんね。

というわけで、さっそく旦那にはチベット語とヒンディー語で積極的におなかの赤ちゃんに話しかけるように指導しました!

チベット語はとくに音の種類がヤバいんですよ。「ツァ」だの「チュ」だのといった音だけで数種類ある気がする...。もう私にはすべて同じ音に聴こえるのだが。

ヒンディー語だって、わたしもインドにいるときに勉強したのに、区別できない音だらけ。涙。

さらに。胎教に効く音楽は「和音」がポイントだそうです。

やっぱりモーツァルトなどのクラシックはいいのかも。

苫米地さんが作成したFunctional Sound(tm) City Life 4(都市生活をエンジョイする4)という音源が胎教にいいと自分でアピールしてました。

たしかにこの音楽を流し始めるとおなかの赤ちゃんが反応し始める...。

もう予定日まで残り20日を切りましたが、胎教ラストスパートかけたいと思います!!

胎教によい音楽はモーツァルトって本当?うちの子が最も好きな音楽はコレです。

胎教 音楽

妊娠中、日に日に巨大化していくおなか。

おなかの中にいる赤ちゃんの成長の速度は凄まじい。

だからこそ今が大事なのよ!おなかの赤ちゃんにはちゃんと話しかけてね!!

と、人生の先輩からのアドバイスを受けまして。

胎教的なものを試みている今日このごろでございます。

胎教にいい音楽ってなに?

胎教といえばモーツァルト、と言われてますよね。

実際に病院の待合室ではモーツァルトの曲が流れてるし…。

また、こんな記事↓もありました。

胎児300人に音楽を聞かせたら…クイーンが人気上位にランクイン

胎児300人に様々なジャンルの音楽を聞かせたところ、、反応のよかった曲の堂々1位はモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。

第3位はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」だったらしい…。まじか。

クイーン

そんなわけで、たまーに家でモーツァルトの曲をかけてみたりしてたんだけど、

どうも効果があるんだかないんだか。

こういうものは効果を実感できるようなものじゃない、とわかってるんですけどね(汗)

そんな中、おなかの中の赤ちゃんが確実に反応する音楽を発見したんです!

それがこちら↓
胎教 音楽

西アフリカ起源の太鼓、ジャンベ

先日、ダラダラと動画配信サービスNETFLIXで「ソーシャル・ファブリック」というドキュメンタリーをみてたところ。

ドラムサウンドが流れた瞬間に、おなかの赤ちゃんがボコボコ動き出し反応を見せはじめ。

そういえば、先日熊野神社の満月夜詣りに行ったときも、祈願中に神主さんが叩く和太鼓?の音にやたら反応してたなと思い出し。

試しにYOU TUBEでジャンベ の演奏を検索し聴かせてみたところ…。

これが確実に、ボコボコ動き良い反応を見せる!

他には関連動画で出てくるアフリカン音楽とか、ボブ・マーリーとかのライブもなかなか反応が良い。

EDMとか流行ってるダンスミュージック系の曲は特に反応なし。

むーん。

やはり、赤ちゃんはプリミティブな音楽が好きなのかしら?

それとも、うちの子だけか?

モーツァルトよりアフリカン音楽に良い反応を見せる子。

将来ジャンベ 叩いてる長髪のラブ&ピース系のおっさんになっちゃうかもしれない。